手術による癌治療のデメリット

癌にかかってしまった場合の治療法のひとつとして手術による癌治療があります。

この手術による癌治療の場合、癌に侵された部分を完全に切除してしまい、癌を根本からなくしてしまうという、到ってシンプルな癌の治療法です。

しかし、シンプルな癌治療といっても、メリットもあれば、デメリットもあります。

最大のメリットは、癌を完全に摘出してしまうことで、癌を根本から治療してしまおうというものです。



しかし、そのメリットの一方で、デメリットも存在します。

まずは、メスなどの手術器具を使って、患部を切開し、病巣を摘出する、ということについては、治療に器具を使うことで、必然的に患部の手術部分の治りが遅い、ということが挙げられます。場合によっては半年間くらいの入院期間を設けることもあるでしょう。



もうひとつが、手術によって患部を摘出してしまう、といことですが、内臓などの肉体の一部を失ってしまい、手術後、厳しい節制を強いられることがあります。

食べてはいけないものや食事量の制限などがそうです。




また、患部がリンパ節などに及んでいたりした場合にもリンパ節ごと摘出してしまうことが多いので、後々の生活に支障をきたしてしまうことがあります。
特に乳がんなどの場合ですと、乳房を丸ごと摘出してしまうこともあります。



乳房は女性にとっては特別な思い入れのある部位です。



それを摘出してしまうことにためらいを感じてしまう人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、乳がんの場合には、そういったケースの場合、乳房の再建手術も可能ですので、そう気になさる必要はないように思えます。

http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/40030171.html
https://www.facebook.com/nittokyo
http://miraifund.org/npo.php?id=19